持ち物・事前準備

ベトナム旅行者必見。安全?危険?ベトナムの治安について。

海外旅行を検討するときに、治安の良さは大事な要素ですよね。ベトナムの治安についても気になるという方が多いのではないでしょうか?

今回は私自身の経験を元に、ベトナムの治安と、気をつけるべきことについてご紹介します。

この記事を読んでいただければ、

・ベトナムの治安について理解できる

・ベトナムで気をつけるべきことがわかる

ようになります。

ぜひ最後まで読んで、安全にベトナム旅行を楽しんでください。

ベトナムの治安

ベトナムの治安ですが、旅行に行くぶんには全く問題ないでしょう。

ひったくりやスリが多い、感染症が不安、という方もいると思いますが、気をつけるべきことを気をつけておけば大丈夫です。

外務省の海外安全情報

ベトナムの治安については、外務省も渡航に問題がないことを認めています。

外務省のHPに、”海外安全ホームページ”というサイトがあります。

www.anzen.mofa.go.jp

↓の画像のように、治安や政治の状態などから、各国の危険度がレベル1〜4の4段階に設定されています。レベル2以上であれば渡航はやめたほうが良いと思っていいです。

f:id:unyan_vietnam:20190902211345j:plain

2019年9月現在、ベトナムには危険情報は出ておりません。安全に渡航できると考えて大丈夫です。

ただし、社会情勢は変化しますので、旅行に行く前には必ず情報をチェックしておきましょう。

テロ

ベトナムにはイスラム系のテロ組織は存在していません。

別のテロ組織は存在しているようですが、主に政府を狙ったテロで、一般市民が標的になることはないようです。テロの心配はないでしょう。

旅行者が巻き込まれやすい犯罪

f:id:unyan_vietnam:20190928125603j:plain

ひったくり

旅行者を狙ったひったくりは何度も発生しています。バイクに乗っているひったくりに襲われることが多いので、道路のすぐそばで貴重品を出さないなど気をつけましょう。

スリ

ベンタイン市場など、人混みでは注意が必要です。カバンに鍵をつける、前にかけておくなど対策しましょう。

置き引き

カフェや空港などで目を離した隙に盗まれることもあります。日本とは感覚が違いますので、必ず貴重品は身につけて歩くようにしましょう。

抱きつきスリ

主に酔っ払った男性が狙われる犯罪です。綺麗な女性が急に抱きついてきて、デレデレしている間にポケットから財布やスマホを盗まれます。

ベトナム旅行で浮かれるのはわかりますが、ハメを外しすぎないようにしましょう

ぼったくり

お土産屋さんで高い値段をふっかけられるだけならまだ旅の思い出で済みますが、最初に聞いていた値段よりはるかに高額な値段を後から請求されるなど怖いぼったくりもあります。

後ほど書きますが、異常にフレンドリーなバイクタクシーや、強引に荷物を持って行こうとするタクシーには絶対に乗らないようにしましょう。

うーたの失敗談

私が過去に経験したベトナムでの失敗談を赤裸々に告白します。

ぼったくり

思い出すと今でも腹立つ〜あのおっさん。。私が友人と初めてホーチミンに行った時のことです。ドンコイ通りを歩いていると、「コマネチ!アイーン!」50手前くらいの陽気なベトナム人のおっさんが日本のギャグをしながら近づいてきました。

「観光に来たの?日本人なら安く案内してやるぜ!」観光地案内してくれておすすめのレストランにも連れて行ってくれて1人5万ドンとのこと。

今思えば完全に怪しいのですが、いかんせん浮かれていた私たちはついて行ってしまいました。

今までに案内した日本人からもらったという感謝のメッセージを見せられたのも信じてしまった1つの理由です。

色々連れて行ってもらってお会計。請求額は1人400,000ドン。そらないよと5万ドン払って帰ろうとすると今までニコニコしていたおっさんの顔が豹変

鬼の剣幕でまくしたてられ異国の地でビビっていた私たちは泣く泣く400,000ドンを払って帰りました。

ひったくり

時刻は夜中の2時。いや、そんな時間に出歩く私も悪いのですが。

友人と飲んで酔っ払ってホテルに帰ろうとしたところを、バイクでやってきた2人組が私の肩にかかっていたショルダーバッグの紐をナイフで一閃

見事に入っていた現金やらなんやらを持って行かれました。

幸いカードなどは入っていなかったのでまだよかったのですが、本気で怖かった。。

ひったくりに荷物を掴まれてバイクで引きづられるということも聞いたことがあります。決して夜中に出歩かないようにしましょう。

ベトナム旅行で気をつけるべきこと

強引なタクシーには乗らない

特に空港でですが、強引に荷物を持ってタクシーに引き込もうとしてくる運転手がたくさんいます。高確率で高額な料金をふっかけられますので、絶対に乗らないようにしましょう

断固として荷物を渡さないことが大事です。↓の記事で安全なタクシーの乗り方についても書いていますので参考にしてみてください。

安全に乗りこなそう!ベトナムでのタクシーの乗り方とおすすめタクシー会社ベトナムではタクシーで移動することが多いです。安くて快適なタクシーはとても便利ですが、ぼったくりなどの被害にあってしまうことも残念ながら...

夜中に出歩かない

経験談でも話しましたが、ひったくりなどの被害も多くは夜中に発生します。日本にいる感覚でフラーッと夜中に出歩くのは危険です。

ベトナムに限らず、海外で夜中に出歩くのは絶対にやめましょう。

カバンを前にかける

ベンタイン市場など人混みの多い場所でカバンを後ろにかけていたら、知らない間にチャックを開けられ所持品を盗まれていた、という被害が多発しています。必ずカバンは前にかけておきましょう。

ショルダーバッグなどカバンを掴まれた時に体から抜けないようなカバンがおすすめです。

カバンに鍵をかける

カバンをすぐに開けられないように、チャック部分に鍵をつけておくのがおすすめです。

面倒かもしれませんが、所持品を盗まれるよりはましだと思って我慢しましょう。

寝台バスでカバンを人目のつくところに置かない

そんなことあるの!?と思われるかもしれませんが、寝台バスで寝ている間にモノを盗まれるということもあります。

貴重品は必ずカバンの中などにしまい、カバンに鍵をかけておきましょう。

ホテルに貴重品を置いて出かけない

そんなことあるの!?シリーズ2つ目。ホテルの清掃員にモノを盗まれるパターンです。

ベトナムではありませんが、私の友人がホテルに置いておいたスーツケースを開けられ、現金を盗まれるということもありました。貴重品は常に持ち歩くようにしましょう。

まとめ

ベトナムの治安情報と、私の経験談からベトナムで気をつけるべきことをご紹介しました。安全にベトナムを楽しむためにも、注意点を守ってくださいね!

上で紹介したバッグや鍵は身を守るために必要になります。まだ持っていないという方は今のうちに購入しておきましょう。