旅行Tips

ベトナム旅行でのマナー・やってはいけないこと。トイレの使い方やチップの払い方を解説

こんにちは、うーたです。海外旅行に行くときに、現地のマナーややってはいけないことについては事前に把握しておきたいですよね?

日本では良いことと思われていることであっても、外国ではタブーになっていたりします。

不要なトラブルを起こさないためにも、その国のマナーについては旅行に行く前に必ず知っておきたいところです。

今回は、ベトナムでのマナーや、やってはいけないことを解説していきます。

この記事はこんな人におすすめ
  • 初めてベトナムに行く人
  • ベトナムでトラブルを起こしたくない人

海外と日本では文化が全然違う

f:id:unyan_vietnam:20190913115405j:plain

大前提として理解して置かなければいけないのは、海外と日本では文化が全く異なるということです。子供の頭を撫でてはいけない、麺料理をすすってはいけない、などなど、国によって色々なマナーがあります。

日本で生活しているのと同じように過ごしていると、トラブルになりかねないので気をつけましょう。

ベトナム旅行でのマナー・やってはいけないこと

トイレットペーパーは流さない

f:id:unyan_vietnam:20190913115450j:plain

日本ではトイレットペーパーを便器に流すのが当たり前ですが、ベトナムではそうではありません。日本ほど水回りのインフラが発達していないので、トイレットペーパーを流すと詰まってしまい、水が逆流してきてしまうのです。

じゃあどうすればいいの、という話ですが、ベトナムのトイレには便器のすぐ横に小さなゴミ箱が設置されています。使用済みのトイレットペーパーは、そのゴミ箱に捨てるようにしましょう。

マッサージではチップを渡す

f:id:unyan_vietnam:20190910233403j:plain

ベトナムには、安価で上質なマッサージ店がたくさんあります。マッサージに行くことを旅行の目的にしている方もいるのではないでしょうか?

日本にはチップの文化はありませんが、ベトナムではマッサージが終わったら、マッサージ師さんにチップを渡すのがマナーです。

よかったなと思ったら、5万ドンくらいを渡すようにしましょう。

ただし、”Tip included”と表記のあるお店であれば、代金にチップが含まれていますので、チップを支払う必要はありません。

麺料理はすすらない

f:id:unyan_vietnam:20190913120053j:plain

ベトナムには、フォーやブンチャーなど、美味しい麺料理がたくさんあります。勢いよくすすって食べたいところですが、やめましょう。

ベトナム人は麺をすする文化がなく、嫌な顔をされてしまいます。すすらずゆっくりと食べましょう。

共産党の批判をしない

ベトナムは、共産党のみが合法の政党として認められている、一党制の国です。そのため、共産党を批判すると拘束される恐れがあります。

実際に、Facebookやブログなどで共産党の批判をしたベトナム人が拘束されるという事件が最近でも起こっています。

外国人が捕まるということはないかもしれませんが、自分の身を守るために、絶対にやめておきましょう。

風俗店には入らない

ベトナムでは、風俗店の営業が禁止されており、違反をした場合には、多額の罰金が課せられます。

それでも違法風俗店がまだ存在していると聞きますが、年に何回か、違法風俗店が摘発されたというニュースを見るので、絶対に行かないようにしましょう。

料金は誘った方が全額支払う

もしかすると、ベトナム滞在中にベトナム人と仲良くなる機会があるかもしれません。一緒にご飯に行く場合は、誘った側が全額料金を支払うというのがベトナムのマナーです。

誘われたら遠慮せず支払ってもらい、もし誘ったら、潔く全額支払うようにしましょう。

寺院には長袖長ズボンで

ベトナムは仏教の国なので、寺院がいくつも存在しています。肌が見える格好での入場が禁止されている場合もありますので、観光スポットとして巡る場合には、長袖長ズボンの服を用意しておきましょう。

また、フラッシュ撮影が禁止されている場合もありますので、注意しましょう。観光スポットではありますが、ベトナムの人たちにとっては神聖な場所です。

まとめ

ベトナム旅行でのマナーとやってはいけないことを解説しましたが、いかがでしたでしょうか?郷に入っては郷に従え、です。無用なトラブルを起こさないように、気をつけてベトナムを楽しみましょう!